病気の予防

犬・猫の病気と予防

ワンちゃんやネコちゃんが病気にならないためにできる予防は数々あります。大切な家族の一員のために予防できることをしてあげましょう。

ワクチン(注射)により予防できる病気

犬

パルボウイルス感染症
ジステンパーウイルス感染症
パラインフルエンザ感染症
伝染性喉頭気管炎
(アデノウイルスU感染症)
伝染性肝炎
(アデノウイルスT型感染症)
レプトスピラ病
コロナウイルス感染症
狂犬病

猫

ウイルス性鼻気管炎
カリシウイルス感染症
猫汎白血球減少症
猫クラミジア病
猫白血病ウイルス感染症

フィラリア症予防

蚊に刺されると心臓に糸状の虫が寄生します。症状が出るころには手遅れになる場合が多い病気です。毎年4月下旬から5月上旬にかけて予防を始め、少なくとも11月末まで続ける必要があります。毎月一回の飲み薬による予防が主ですが、滴下剤や注射もあります。たいがいは犬が対象ですが、猫にも感染例があり、猫用の予防薬も販売されています。

寄生虫予防

皮膚につくノミやダニなどは長期作用型の滴下剤やスプレーなどで駆虫、予防できます。また、定期的な駆虫薬の投与により回虫、条虫などの寄生を防ぐことができます。

尿石症予防

特に猫に多い病気ですが専用食(処方食)を与えることで発症を予防する効果があります。

避妊、去勢によりリスクが減る病気

すべてを完全に予防できるわけではありませんが、発病率を減らすと言われています。避妊手術(♀)をすることにより、子宮蓄膿症、乳腺腫瘍などを、また去勢手術(♂)をすることにより、肛門周囲の腫瘍、前立腺の病気などにかかりにくくなります。

※以上、簡単なものをあげましたが詳しいことは当院へご相談下さい。

QRコードを読み込んで携帯サイトへアクセス! 未対応機種の方は携帯へアドレスを転送